小児と青少年のための定期検診

U1からJ2までの定期検診を行うことにより病気の早期発見、早期治療を行うことができます

Slider

小児と青少年のための定期検診

検診

U1からJ2までの定期検診を行うことにより病気の早期発見、早期治療を行うことができます。
-
検査対象年齢
U1出産直後
U2生後2~10日
U3生後の第4~第6週
U4生後3~4ヶ月
U5生後6~7ヶ月
U61歳
U72歳
U7a3歳
U84歳
U95歳
U107~8歳
U119~10歳
J112~14歳
J216~18歳

検査内容

言語テスト
聴覚検査と視力検査
肺機能検査
心電図
成長の診断
機械を使っての診断/超音波 U3の定期健診では超音波をあて、股関節の検査を行います。また、乳児の頭部の超音波検査も行うことができます。 甲状腺、腹部器官の検査も行います。
スクリーニング
青少年相談 青少年の患者様のご相談も受けております。身体検査の中で、思春期のお子様の気になるにきび、体重や栄養、性的な相談、恋人や避妊薬、学校の問題、喫煙や薬物など、若者にとって重要なテーマについてに話しており、お子様のみの相談も承っております。