治療

治療の際には、ひとりひとりの患者様に、十分な時間をとれるよう心がけています

Slider

治療

治療の際には、ひとりひとりの患者様に、十分な時間をとれるよう心がけています。治療対象は、新生児から成人までと幅広い年齢層でご診察を行っております。

一般的な検査

急性疾患、怪我及び事故に対する治療

外科的な基本ケア

手術前の診断

手術後のケア

アレルギー

小児期アレルギー疾患の診断と治療を行っております。これらには、上気道および下気道のアレルギー性疾患、アレルギー性皮膚疾患および食物アレルギーが含まれます。検査方法には、ある種の物質に対して過敏に反応しているものを迅速かつ容易に検出するためにプリックテストを行います。 アレルギー疾患の治療は非常に広範であり、個々に適合する必要があります。相談の際には、お子様にどの治療法が最適かを詳しく説明させていただいております。ひとつには、花粉症およびハウスダストに最も効果的な治療法は「アレルギーワクチン」の接種による減感作療法です。 高濃度のアレルゲン接種によって、激しいアレルギー反応を引き起こすことがあります。その原因アレルゲンの微量接種によって徐々に免疫力を鍛え、例えば花粉やハウスダストなどに適応できるようにします。このような治療法によって、症状改善だけでなく原因追求にも繋がります。

小児呼吸器内科

主な小児の肺疾患には、気管支喘息、肺奇形、呼吸器の奇形、肺の変化、慢性呼吸不全、遺伝性肺疾患があります。慢性肺疾患のお子様には肺機能検査の治療をしております。